歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。
それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。
まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。