妊娠初期の女性に欠かせない葉酸

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。
そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモンバランスが良くなり、不妊治療に役立つのです。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。
では、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そうではないのです。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。
妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
これらはカフェインが含有されていませんので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみてください。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。
体温低下で血行不順になると代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下することが知られています。
最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経に働きかけ、ツボ刺激による癒し効果もあります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、日々の生活に追われていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくる方が多いです。
そんな不安を解消してくれるのがサプリです。
容易な摂取が可能ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。
厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。
ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも多少は摂取できているという事ですね。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。
葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。
ですので、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。
しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないという方が殆どだと思います。
総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。
妊婦にとって葉酸は最も大切な成分ですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になるというデータがあるのです。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
もっと詳しく⇒妊婦さんが葉酸サプリを飲まないのは危険